spacer
spacer
日本の伝統紋様
spacer
東大寺、正倉院に納められた染色品を総称して、「正倉院裂」(しょうそういんぎれ)と称します。これは中国、随唐やササン朝ペルシャから伝来した美しく高度な染織品で、日本の染色紋様はこれらを起源として、発展してきたと考えられます。
正倉院裂の紋様には、植物と鳥を組み合わせた花鳥文(かちょうもん)、中国で古来から見られる花を図案化した唐花文(とうかもん)、ペルシャが起源とみられる騎馬や動物を図案化した狩猟文(しゅりょうもん)がみられます。これらの紋様を施した文物は、いずれも渡来したものを一部の貴族が受け継いでいたものでした。
平安時代に入り、貴族文化が花開く中、和のテイストが加味された紋様がデザインされるようになってきます。これらを「有職文様」(ゆうそくもんよう)と言い、貴族階級から、やがては鎌倉の武士階級へと広く使われるようになっていきます。
有職文様は渡来の文様に、菱や亀甲、七宝、立涌(たてわく)、鶴亀に代表される吉祥文などを巧みに組み合わせ、日本独自の幅広い紋様を形成していきます。ここでは、藍染めにみられる代表的な紋様を取り上げます。
spacer
◆青海波文様(せいがいは もんよう)
扇形の波のモチーフが連続する紋様。
中国の民族模様、ペルシャの紋様、日本の雅楽の衣装がその起源と、さまざまいわれます。絞り、小紋などさまざまな技法で表現され、他の吉祥紋と組合すなど、日本の伝統紋様の中でもつとに有名です。
spacer
spacer spacer
spacer
spacer
 
◆麻の葉文様(あさのは もんよう)
麻の葉っぱをデザインした正六角形の幾何学模様。生命力の強い植物のため子供の成長や健康への願いが込められている。
spacer
spacer spacer
spacer
spacer
spacer
◆立涌文様(たてわく もんよう)
湯気や陽炎が立ち昇る様をデザインしたと言われています。
流れるような曲線で単独、また他の紋様と組み合わせて使われます。
spacer
spacer spacer
spacer
spacer
spacer
◆熨斗文様(のし もんよう)
長寿延寿の吉祥としての熨斗鮑が起源。
熨斗を大胆にデザインした「暴れ熨斗」など、大きな図案として筒描きや型染めで使われる。
spacer
spacer jb spacer
spacer
spacer
spacer
◆籠目文様(かごめ もんよう)
竹篭などの網目模様を図案化したもの。昔から魔除けの力を持つとされる縁起の良い形。
spacer
spacer spacer jb
spacer
spacer
spacer
◆亀甲文様(きっこう もんよう)
長寿の亀にあやかった吉祥紋の一つ。
spacer
spacer spacer
spacer
spacer
spacer
◆吉祥紋(きっしょうもん)
鶴亀、松竹梅
長寿、円満をあらわし、組み合わせまたは単独でも用いられる。
spacer
spacer jb spacer
spacer
spacer
spacer
◆七宝文様(しっぽう もんよう)
無量寿経の「金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、しゃこ、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)」の7種の宝のこと。
交差する金輪が無限に続く模様から未来永劫続く繁栄を表す。
spacer
spacer spacer
spacer
spacer
spacer
◆ウロコ文様(うろこ もんよう)
能の装束にも使われる鱗文様は、龍の鱗をあらわすと考えられますが、日本各地で祭りなどに見られる、スサノヲノミコトやヤマタノオロチの装束などにも鱗文様が広く使われていることからもその起源は非常に古いと考えられる。
spacer
spacer spacer jb
spacer
spacer
spacer
◆市松文様(いちまつ もんよう)
石畳模様と呼ばれていた正方形が並ぶチェック柄ですが、江戸期の歌舞伎役者、佐野川市松が藍の正方形の大胆な袴をつけたことから、「市松文様」と呼ばれるようになりました。
spacer
spacer spacer jb
spacer